製品

View as  
 
  • 850nm 10mW TO CAN VCSEL レーザー ダイオードは、すぐに使用できるファイバー結合パッケージの標準垂直共振器面発光レーザー (VCSEL) です。小型パッケージ TO56、変調および幅 > 2GHz に収められています。当社は、マルチモード光ファイバー 50um または 62.5um コア光ファイバーを備えた 940nm 10mW VCSEL レーザー ダイオードを提供しています。

  • 1550nm 40mW 200Khz狭線幅DFBバタフライレーザーダイオードは、独自のシングルDFBチップをベースにしており、独自のチップ設計、高度なパッケージング技術を採用しており、線幅と相対強度ノイズが低く、波長と動作電流に対する感度が低いです。このデバイスは標準の 14 ピン バタフライ パッケージを採用しており、高出力、高安定性、高信頼性を備えています。

  • 1064nmイッテルビウム添加ファイバ増幅器YDFAは、半導体レーザでイッテルビウム添加ファイバを励起することにより利得を生成します。これは、1030nm~1100nm帯域のレーザ信号に使用され、Hi1060シングルモードファイバまたはPM980偏波保持ファイバ出力であり、出力パワーは連続的に変化します。調整可能、高ゲイン、低ノイズの利点を備えたデスクトップ YDFA は実験操作に便利で、ユーザーはフロント パネルのボタンを介してポンプ電流と出力電力を調整できます。ユーザーシステムの統合に便利な、より小型のモジュール式 YDFA も提供できます。

  • 手動ファイバ偏波コントローラは、外力の作用下で光ファイバが発生する複屈折の原理を利用して作られています。 3 つのリングは、それぞれ λ/4、λ/2、および λ/4 波長板に相当します。光波はε/4波長板を通過して直線偏光に変換され、その後β/2波長板で偏光方向が調整されます。直線偏光の偏光状態は、β/4波長板を介して任意の偏光状態に変換されます。複屈折効果によって引き起こされる遅延効果は、主にファイバのクラッド半径、ファイバ周囲の半径、および光波の波長によって決まります。

  • DTS システム モジュール用 1450/1550/1660nm 1x3 ラマン フィルター WDM は、薄膜フィルター技術を使用して製造されており、1450nm、1550nm、1660nm (または 1650nm) の異なる信号波長を分離および結合するために使用されます。この 1x3 ラマン フィルター WDM は、低い挿入損失と高いアイソレーション特性を備えています。ラマン DTS システムやその他のファイバーのテストまたは測定システムで広く使用されています。

  • 1030nm DFB ファイバー結合レーザー ダイオード モジュールは、コスト効率が高く、コヒーレント性の高いレーザー ダイオードです。 DFB レーザー ダイオード チップは、TEC および PD が組み込まれた業界標準の密閉 14 ピン バタフライ パッケージにパッケージ化されています。